N邸リフォーム工事 埼玉県日高市 2012・5完成

こだわりのある奥様の住宅のリフォーム工事です。

 

一切既製品を使わず、飯能の地元工務店、地元の建具業者、家具工房、タイル工事業者、水道工事業者、ガス工事業者、電気工事業者で作った作品です。

御影石のキッチンカウンターやヒノキの香りがあふれる浴室や洗面所が出来ました。

冬の寒さから守る為に全ての窓は2重窓とし、浴室には床暖房と乾燥暖房機を設置しています。

N邸リフォーム工事 2012・5
N邸リフォーム工事 2012・5

 

上の写真は黒御影石を使ったキッチンカウンターの写真です。

これからの第2の人生はキッチンカウンターを居間の中心にするべきだという奥様のこだわりです。

アイランド型でカウンターは黒御影石です。キッチンのコーナーにはドイツのハーフェレ製の金物を組み込み使いやすくしています。

最初はメーカーのシステムキッチンをご希望でしたが、所詮人造大理石という名のアクリル樹脂を使ったキッチンカウンターしか使えません。本当の石を使い、奥様とご相談しながら手作りのキッチンを作りました。勿論IHヒーターや食洗機も組み込んでいます。私の無理な注文を聞いてくれた飯能地元の家具工房の制作です。

勿論メーカー品とコストはかわりません。

この写真はトイレと洗面所の間の壁を取り払い、ホテルのようなトイレと洗面所が一体となった部屋となった洗面所の写真です。

長年の海外の生活に親しまれてきた奥様のご提案でした。間の間仕切りをとったことで広々とした空間となりました。

既存の窓を生かし通風と採光を確保しながら、メディシンキャビネットを作りました。

床・天井・家具は全てヒノキです。ヒノキチオールの香る癒しの空間となりました。

カウンターは黒御影のカウンターです。

この写真はお風呂場のリフォームの部分です。最初はユニットバスをご希望でしたが、ユニットバスを入れると更に浴室が小さくなるのと、人造の合成樹脂を使ったものにしかならず、自然の素材を使い、更に暖房にも配慮した浴室に改装出来ることをご提案し受け入れていただきました。

洗い場はガス床暖房とし、天井に脱衣室兼用の浴室乾燥暖房機を設置しています。また、熱負荷の大きい窓は2重窓と致しました。

床・壁・カウンターは御影石、壁の2m以上及び天井はヒノキです。全て自然の材料でヒノキの香りのする浴室が出来ました。コストはユニットバスとほとんどかわりません。

和室を洋室にリフォームしました。

床の間と押入れはそのままに、物入れの扉を床から天井までとり、閉めれば壁のように見えるようにして、和室であったとは思えないような扉としています。

床と扉はアフリカ産のサペリという木材を使用しています。